ぴころぐ

クリエーターを目指す大学3回生の備忘録。お絵かき、音楽、建築、大学生活など気ままに更新しています。

建築学生の近況

もう今年も半年経ったんですね。

 

最近は、院試受験に向けてポートフォリオを作っているのと、卒業設計に向けて本を漁りまくっているところ。

卒業設計のテーマは決まったけれど、テーマ自体が広すぎてどこから取り掛かればいいかわからない。そんな状態です。

まぁその肝心の卒業設計のテーマが・・「装飾」というもので。。広いですよね。

とりあえずモダニズム建築家の巨匠のアドルフ・ロース「装飾と犯罪」を読んでいるところです。

最近、建築雑誌a+uでロースの特集が組まれているので、ロースが流行ってるのかな?

まあいいや。

 

 

そういうや、ポートフォリオを作るにあたって、ライノという3Dモデリングソフトを覚えました。

初めてレンダリングとかしたけど感動!!いつもモケシャをフォトショで加工していて、模型が汚いと構図が狂ったり・・そもそも模型が完成しないとパースができないという状態だったので、今3D!!万々歳です。

 

これがレンダリングした3Dパースをフォトショで加工したもの。

f:id:hinopiko:20180603022057p:plain

フォトショ加工も結構上達したかな;;

 

これが模型写真をフォトショで加工したもの。

まぁこれもこれで上手くパースになっている

f:id:hinopiko:20180603022730p:plain

 

などなど。ここ数日はパソコンの画面と格闘中です。

 

 

 

そういや、先日は弾丸で京都に行ってきました。

京都で用事があったのですが、そのついでに京都の近代・現代建築めぐりをしてきました。

京都といえば古建築ですけど、現代建築見てなかったことを思い出したので急遽回ることに。

 

 

安藤忠雄の京都陶板美術館。

外で作品を鑑賞する美術館です。結構珍しいですよね。

名絵画を陶板で転写?したものが飾られているんです。だから外で展示しても大丈夫らしい。

f:id:hinopiko:20180603023743p:plain

f:id:hinopiko:20180603023800p:plain

 

三つの動線軸があって各々の動線が交錯し、高低差もあることから、

一歩進むどとにシークエンスが変化するという、、、空間でした。

ずっとこの美術館に行きたくて・・やっと行けてよかった。まぁただ想像通りの空間だった。

 

 

 

次、度肝を抜いたのが大谷幸夫の「京都国際会館

京都国際会館は、戦後3大コンペの一つらしいですね。

1つは、国会議事堂。もう一つは、国立劇場か・・国立博物館w(どっちだっけ・・)

んで、この国際会館。

旧国立競技場を設計した丹下健三の右腕と称される大谷幸夫39歳の作品らしく。。。

 

え!?39歳でこれ!?と驚いた。

 

39歳といえば、まだまだ若手建築家で、今の時代だと・・集住建築を設計している人が多いですよね。。

それが、、大谷さんは、この歳でこんなに大きなものを作ってしまうとは。。

f:id:hinopiko:20180603024440p:plain

f:id:hinopiko:20180603024920p:plain

f:id:hinopiko:20180603024933p:plain

f:id:hinopiko:20180603024949p:plain

f:id:hinopiko:20180603024958p:plain

後ろの山の景観に合わせて合掌造りをモチーフに設計したらしいが、どうも・・あまり日本的というよりは、未来の建物のような・・あまり見たことのない不思議なデザインでした。

いつもは、ここではアイドルの握手会のイベントが行われていたりするが、訪れた日は何のイベントもなく。。誰もいなかった。

誰もいない場所でこの建築を目の当たりにしたわけです。

この建物の不思議な世界観に飲み込まれてしまった・・・きがする。

f:id:hinopiko:20180603025514p:plain

内観もこだわっていて・・これなんて、戦闘シーンとかに使われそう・・w

 

この建築に一気に気持ちが持って行かれた後、前川國男の建築とか谷口吉生の建築とか見に行ったんだけど・・どうも物足りなかったw

f:id:hinopiko:20180603025723p:plain

 

 

京都、現代建築の旅!よかった(・>・)

 

ただあの国際会館を見て、思ったことは、

やはり建築には「何とも言い難い得体の知れぬ感動」

これが大事なんじゃないかと感じた。

建築の崇高さってやつですかね・・。

今の建築はどうも、なんか女々しいというか。何かを媒介にしないと建てられないものが多いじゃないですか。何かというのは、社会とかアートとかね。

でも、京都国際会館は、何だか自立している建築に感じた。まぁあれも合掌造りというものを媒介にしているんだが、、笑

でもあれは、それを言わなくてもいい力強さみたいなものを感じた。

ほんと、そういう建築には心惹かれるなあ。

 

 

以上、ここ最近の建築学生の近況、心境でした。。。