ぴころぐ

クリエーターを目指す大学3回生の備忘録。お絵かき、音楽、建築、大学生活など気ままに更新しています。

生きているうちに

一年前やってた大河ドラマ真田丸」を見始めました。

面白いという評判は聞いていたので、いつか見たいと思ってたのですが・・

最近学校の課題があの時代のことと関連しているので・・、それを機に見始めました。

 

大河ドラマって1話~10話は退屈なイメージだったんですが、

真田丸」は、さすが戦国時代で初っ端から波乱。笑

面白いです。

役者さんが全員際立っていて素晴らしい・・

一年前、リアルタイムで見ていればよかったなーと後悔。

 

そしてやっぱり歴史は面白い。

 

最近本を読んでいると、色々感じることがあります。

物事を知らずして、老いてこの世から消えてしまうって・・この上勿体ないことあるのだろうか・・と思うんですね。

日本というのは、難しいことを考えていい国です。

わからないことがあっても調べてもいい国で、なおかつ、調べる手段がいくらでもある国です。

折角、好きなように学べて、好きなように考えることができる国に生まれたのですから、

生きているうちに沢山学びたいものですよねー・・・

 

アフリカの子供に将来何になりたい?と聞くと「医者になりたい」と言う子供が多いそうです。

紛争や病気が蔓延しているからこそ、医者の存在の重要さを感じているのだと思います。

 

そんな自分はというと、医者になりたいなどと思ったことがなかった。

病気になったとしても、すぐ病院に行けばいい。近くに病院は沢山あるし、すぐに治療してもらうことが出来る。

でもそうじゃない国もあるんですよね。そういう国って医者が希少なんですよね

だから、そういう国の子供は、自分が医者になって皆を救おう!という考えに至るのかしらね。

 

日本みたいな豊かすぎる国では、そうはいかないでしょうね・・

それどころか選択の幅が広すぎて進路に悩む余裕がある。

 

もうちょっと

折角日本で生まれた人生を大事に生きていこうと思いました。